自社製近接センサーを使ってLEDを点滅させる。

センサーから ON/OFFスイッチに変更しました。 2024/6/3

手を近づけると 点灯状態になり、再度、手を近づけると消灯します。

スイッチ入力を備えたUSB-Cで働くLED表示を作ったので、スイッチに近接センサーを使ってみました。

USB Type-CからDC5Vを得て後に、LED電流を制限する抵抗を通った後に、近接センサーをスイッチとして働かせています。現在は、センサーの動作試験も兼ねているので、近づくと点灯、離れると消灯するようにしています。左図の画像のものは、全て弊社で設計制作したものです。

ハード

前の記事

Type-C電源で LED点灯