30数年前のアナログ制御器をリニューアル

30数年使用してきた基板の部品入手が難しくなった上に、設計者が引退され困って 
京都産業21(公益財団法人京都産業21)に相談され弊社にお話がありました。

弊社で部品の選定とそれに伴う回路変更を行い、製作致しました。

今では、マイコンを使って….. となるのでしょうが、まだまだアナログ回路が活躍できます。

前の記事

弊社強みの再認識

次の記事

ドリルのメンテナンス